【秋葉山プール】夏休みに賑わう和歌山のファミリー向けプール!

和歌山の町を見下ろすプール
和歌山の町を見下ろすプール

「秋葉山プールってどんな場所?」

「和歌山でこどもと楽しめるプールを知りたい!」

そんなあなたに向けて、秋葉山公園県民水泳場(あきばさんプール)の楽しみ方や入場料金、注意点をご紹介します。

山の上から和歌山市内を見下ろす絶好のロケーションとスライダーを楽しめるスポットですので、ぜひ本記事を参考にお子さんと夏休みの1日を満喫してください。

※本ページにはプロモーションが含まれています。

夏限定の屋外レジャープール

秋葉山では、夏限定で3つの屋外レジャープールがオープンします。

メインは流れるプール

大勢の遊泳客でにぎわう秋葉山
大勢の遊泳客でにぎわう秋葉山

ひとつ目は、秋葉山のメインとなる流れるプールです。

よくあるループ状のものとは異なり、四角いプールの中にL字型の仕切りがあって、その仕切られた2辺部分だけが流れるちょっと変わった形になっています。

水深は0.8mですので、小学校低学年のお子さんでも安全に楽しめるでしょう。

安全に配慮した幼児スペース

噴水が楽しい幼児スペース
噴水が楽しい幼児スペース

ふたつ目は、幼児用のプールです。

水深も0.3mに設計されており、こども達が安全に楽しめるようになっています。

噴水も設置されているので、小さいお子さんもきっと満足してくれるはずです。

景色を楽しめる展望プール

最後のひとつは、展望プールです。

スライダー入り口横にあるこの場所からは、和歌山市内を見下ろす展望を楽しめます。

水深は、0.7mです。

こどもに大人気のスライダー

こどもに大人気のスライダー
こどもに大人気のスライダー

秋葉山プールには、スライダーも設置されています。

全長29mのスライダーは、いつも行列ができているほどこども達に大人気です。

無料で利用できますが、120cm以上の身長制限があるのでご注意ください。

また、下記記事「【橋本市民プール】料金や割引方法、混雑状況の2023年最新情報」では、橋本市にある「橋本市民プール」について解説しています。

こどもと一緒に1日楽しめるスポットですので、ぜひあわせてご覧ください。

【橋本市民プール】料金や割引方法、混雑状況の2023年最新情報

「橋本市民プールって、2023年はいつから営業してるの?」 「入場料金や営業時間、駐車場の情報も知りたい!」 そんなあなたに向けて、橋本市民プールの入場料金や割引方…

夏休みにはフードコーナーも出店

7月下旬からは、屋外のプールサイドにフードコーナーが設置されます。

フライドポテトや空揚げ、かき氷などを販売予定です。

屋内でも楽しめる!

秋葉山には屋内プールもあり、大会などが開催されていなければ利用できます。

追加料金などは必要ないので、両方楽しんでみるのもいいですね。

25mと50m、2つの屋内プール

屋内には、25mと50mのプールが設置されています。

水深は25mが1.1m、50mが1.4mです。

すべり台のある幼児スペース

屋内にも幼児用プールがあり、水深は0.3mです。

すべり台が設置されており、スライダーを滑れない小さいこども達も楽しめるようになっています。

マッサージプールでリラックス

屋内にはもうひとつ、ジェット水流が噴き出すマッサージプールがあります。

まるでスーパー銭湯のようなこの場所は大きな窓に面しており、外の風景を眺めながらリラックスできるようになっています。

また、下記記事「和歌山の穴場海水浴場7選!海開きやBBQの2023年最新情報」では、和歌山県の穴場海水浴場7選を紹介しています。

どのビーチも家族連れにおすすめの場所ばかりですので、ぜひあわせてご覧ください。

和歌山の穴場海水浴場7選!海開きやBBQの2023年最新情報

「和歌山で穴場の海水浴場ってある?」 「ビーチを楽しみたいけど、人混みはちょっと…。」 そんなあなたに向けて、和歌山のおすすめ穴場海水浴場を7か所の穴場度やバーベ…

トレーニングジムも利用可能

秋葉山には、高校生から利用できるトレーニングジムもあります。

それほど大規模なジムではありませんが、一通りのマシンがそろったきれいなスペースです。

ジムの当日券は840円ですが、プールも利用できるセット券1,270円も用意されています。

港まつりの穴場花火観賞スポット

実は、秋葉山は港まつりの穴場花火観賞スポットです。

4,000発の花火が打ちあがる7月23日の港まつりの日には、2階の集い広場が解放されソフトクリームやベビーカステラなどが販売されます。

数量限定の座席付きお弁当予約も受け付けていますので、ぜひご利用ください。

また、下記記事「【港まつり2023】花火大会日程や開催場所、穴場スポットを紹介」では、和歌山港まつり花火大会について解説しています。

3,000発の花火が夜空を彩る和歌山最大規模の花火大会ですので、ぜひあわせてご覧ください。

【港まつり2023】花火大会日程や屋台情報、穴場スポットを紹介

「2023年の港まつりはいつ?」 「祭りの屋台やおすすめの観賞場所を知りたい!」 そんなあなたに向けて、2023年の「和歌山港まつり花火大会」の日程やおすすめの観賞場所…

入場料金と営業時間

ここでは、秋葉山プールの入場料金と営業時間をご紹介します。

入場料金は大人520円、こども260円

入場料金は、大人520円、こども(16歳未満)260円です。

11枚セットの回数券は、それぞれ5,200円と2,600円で販売されています。

営業時間は10時から17時

営業時間は、10時から17時です。

最終入場は16時ですのでご注意ください。

秋葉山プールはいつから遊べる?

2023年の秋葉山屋外レジャープールは、7月1日(土)から営業しています。

また、秋葉山にはプール以外に公園も設置されており、下記記事「【秋葉山公園】和歌山市街地を見下ろす絶景と大型遊具を楽しもう」で解説しています。

和歌山市内を見下ろす絶景を楽しめるスポットですので、ぜひあわせてご覧ください。

【秋葉山公園】和歌山市街地を見下ろす絶景と大型遊具を楽しもう

「秋葉山公園ってなにがあるの?」 「周辺駐車場の情報を知りたい!」 そんなあなたに向けて、「秋葉山公園市民の丘」の楽しみ方や駐車場情報などをご紹介します。 和歌山…

事前予約と入場制限

コロナ禍の影響で以前は事前予約が必要でしたが、2023年は必要ありません。

混雑すると入場制限がかかる可能性がありますので、注意しておきましょう。

秋葉山プールの注意点

続いて、秋葉山プールを利用する際の注意点をお伝えしていきます。

120cm以上の浮き輪はNG

秋葉山では、120cm以上の浮き輪類を使用できません。

お出かけ前に、お持ちの浮き輪の大きさをチェックしておきましょう。

アルコール類は持ち込み禁止

プールサイドでの飲食は可能なので、お弁当を持っていくのもありです。

ただし、アルコール類は禁止されていますのでご注意ください。

1時間に10分間の休憩タイム

毎時50分から10分間は休憩タイムとなり、水の中に入れません。

遅い時間に到着してしまうと、あまり遊べないので注意しておきましょう。

室内プールはスイムキャップが必要

室内プールを利用するときは、スイムキャップが必要です。

フロントでも販売されていますが、自宅から持っていくのを忘れないようにしてください。

アクセスと駐車場

最後に、アクセス方法と駐車場情報をお伝えします。

アクセス方法

道路に設置された案内看板
道路に設置された案内看板

車でアクセスする場合は、阪和自動車道「和歌山南スマートIC」から和歌山県道13号和歌山橋本線を西向きに走って「水軒口」交差点を左折し、上の画像の案内看板を過ぎた交差点をさらに左折します。

あとは、そのまま道なりに進んでいけば駐車場に到着します。

駐車場情報

秋葉山の駐車場は、自走式の立体駐車場です。

プールを楽しむときは、無料で駐車場を利用できます。

スポット情報

住所和歌山県和歌山市秋葉町4-11
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間10:00~17:00
(最終入場16:00)
入場券の値段大人 520円
こども(16歳未満) 260円
電話番号073-445-7300
アクセス阪和自動車道
「和歌山南スマートIC」
から車で約15分
駐車場あり(無料)
WEBサイト秋葉山公園県民水泳場公式サイト

【秋葉山プール】夏休みに賑わう和歌山のファミリー向けプール!(まとめ)

今回は、秋葉山の夏限定屋外レジャープールの概要や入場料金、注意点などをご紹介してきました。

秋葉山プールは、スライダーもある家族連れが安心して楽しめるスポットです。

ぜひ本記事を参考に、お子さんと楽しい夏休みの1日をお過ごしください。

下記記事「和歌山で美味しいエビフライを食べるならココ!喫茶・軽食オリノ」では、和歌山市のエビフライの名店「喫茶・軽食オリノ」について解説しています。

秋葉山へ向かう前のランチにもピッタリですので、ぜひあわせてご覧ください。

和歌山で美味しいエビフライを食べるならココ!喫茶・軽食オリノ

「和歌山で美味しいエビフライを食べたい!」 そんなあなたに向けて、和歌山屈指のエビフライの名店「喫茶・軽食オリノ」の人気メニューやアクセス方法、駐車場情報などを…