【白良浜海水浴場】海開きや入場料金、駐車場や周辺観光を紹介!

【執筆ライター】北沢 あつし

白良浜海水浴場の美しい真っ白な砂浜
白良浜海水浴場の美しい真っ白な砂浜

「白良浜海水浴場の2024年海開きはいつ?」

「海の家やおすすめホテル、駐車場や周辺観光スポットについても知りたい!」

そんなあなたに向けて、南紀白浜のリゾートビーチ「白良浜海水浴場」の魅力や2024年海開き日程、近隣駐車場をご紹介します。

ビーチで開催されるイベントやおすすめホテル、周辺観光スポットについてもお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

※本ページにはプロモーションが含まれています。

目次

南紀のリゾートビーチ「白良浜海水浴場」

白良浜海水浴場は、南紀白浜にある関西を代表するリゾートビーチです。

まずは、そんな白良浜海水浴場の魅力を確認していきましょう。

真っ白でサラサラの砂浜が魅力

白良浜海水浴場の一番の魅力は、なんといってもその白いサラサラの砂浜です。

白さの秘密は砂の成分にあり、約90%のケイ酸を含む石英が主成分とされています。

真っ白な砂浜で過ごす夏の一日は、まるで海外のリゾート地に来たような気分を味わえるでしょう。


620mの広さを誇る弓型のビーチ

白良浜海水浴場の砂浜は、620mもの広さを誇る弓型のビーチです。

毎年大勢の方が海水浴に訪れますが、十分な広さのある砂浜のおかげである程度のスペースが確保できます。

南国感満載の美しい海とヤシの木

白良浜海水浴場のエメラルドグリーンの美しい海
白良浜海水浴場のエメラルドグリーンの美しい海

白良浜海水浴場の海は、ビックリするぐらい透き通ったエメラルドグリーンです。

砂浜沿いに立ち並ぶヤシの木も相まって、リゾート気分を盛り上げてくれます。

最も美しいビーチを楽しめるのは朝一番なので、写真撮影時は早起きして海へ向かいましょう。


白良浜海水浴場の海開きと開設期間

白良浜海水浴場が一番にぎわうのは、当たり前ですが夏休みの海水浴シーズンです。

ここでは、白良浜海水浴場の海開きや開設期間、遊泳時間についてお伝えしていきます。

2024年の海開きはGW中の5月3日

白良浜海水浴場は、本州で一番早く海開きをするビーチとして有名です。

2024年の海開きは、ゴールデンウィーク中の5月3日(金祝)で、8月末までの約4か月にわたって大勢の方が美しい海を楽しみに訪れます。


海水浴場開設期間は8月末まで

2024年の白良浜海水浴場開設期間は、5月3日(金祝)から8月31日(土)までです。

白良浜海水浴場の遊泳時間

白良浜海水浴場では遊泳時間は設定されておらず、ビーチは常時開放されています。

ただし、安全のため、海水浴はライフセーバーさんがいる時間帯に楽しむようにしましょう。


白良浜海水浴場の海の家とシャワー

続いて、白良浜海水浴場の海の家や無料シャワーについてお伝えしていきます。

ビーチで海の家は営業なし

白良浜海水浴場には、海の家は設置されていません。

近隣にはビーチに面したホテルの売店や飲食店、コンビニなどが立ち並んでいるため、困ることはないでしょう。


無料水シャワーが6か所に設置

白良浜海水浴場には、6か所の無料シャワーが設置されています。

温水シャワーではなく水シャワーですので、冷たい水が苦手な方はご注意ください。

無料で利用できる常設パラソル

無料で利用できる白良浜海水浴場のパラソル
無料で利用できる白良浜海水浴場のパラソル

白良浜海水浴場には、無料で利用できる常設パラソルも用意されています。

予約等はできず、早い者勝ちになるので。利用したい場合は早めに到着するようにしましょう。

また、下記記事「和歌山の穴場海水浴場7選!海開きやBBQの2023年最新情報」では、和歌山の穴場海水浴場7選について解説しています。

ゆっくりと海を楽しめるスポットを厳選しましたので、ぜひあわせてご覧ください。

和歌山の穴場海水浴場7選!海開きやBBQの2023年最新情報

「和歌山で穴場の海水浴場ってある?」 「ビーチを楽しみたいけど、人混みはちょっと…。」 そんなあなたに向けて、和歌山のおすすめ穴場海水浴場を7か所の穴場度やバーベ…


白良浜海水浴場の販売品とレンタル品

続いて、白良浜海水浴場で販売・レンタルされている商品やサービスをご紹介します。

販売場所は中央コンテナとプレハブ小屋

販売やレンタルが行われているのは、白良浜中央コンテナとプレハブ小屋です。


販売所開設期間と営業時間

販売やレンタルが行われるのは夏休み期間中のみで、2023年は7月15日(土)~8月31(木)まででした。

販売所の営業時間は、9:00から17:00までです。

販売&レンタル商品と空気入れ料金

白良浜海水浴場で販売・レンタルされている商品と空気入れ料金は、下記のとおりです。

販売品値段
パラソル2,000円
テント4,000円
レジャーシート(大)500円
レジャーシート(小)200円
白良浜海水浴場の販売品
レンタル品レンタル料金保証金
浮き輪500円500円
ビーチチェアー1,000円1,000円
こども用ライフジャケット500円500円
白良浜海水浴場のレンタル用品
空気入れ値段
特大(ボート等)1,000円
大きいサイズの特殊浮き輪500円
通常サイズの浮き輪200円
白良浜海水浴場の空気入れ料金

夏の海水浴場でのお役立ちグッズ3選

ここでは、海水浴場で役立つおすすめグッズ3選を紹介します。

ワンタッチテント

ビーチの必需品と言っていいのが、夏の暑い日差しを避けてゆっくりと休憩できる「ワンタッチテント」。

組み立てや片付けが簡単で軽いテントは、海水浴で重宝すること間違いなしです。

15秒簡単設営や体感温度マイナス5~10度を売りにしているQUICK CAMPワンタッチテントの詳細は、下記リンクをご確認ください。

マリンシューズ

続いてのおすすめグッズは、暑い砂浜から解放してくれる「マリンシューズ」。

最近のマリンシューズは町履きしても違和感がないほどデザインもしっかりしているので、行きかえりもこれ一足で十分です。

12色バリエーション×12サイズ展開のユニセックスシューズの詳細は、下記リンクをご確認ください。

防水デジタルカメラ

3つ目のおすすめグッズは、水濡れを心配せずに夏の思い出を残せる「防水デジタルカメラ」。

水中でも使用可能なIPX8の防水性能を備えたデジタルカメラを使用すれば、非日常感満載の水中写真も撮影できます。

水深3.5mまで対応可能なKenko防水デジタルカメラの詳細は、下記リンクをご確認ください。


白良浜海水浴場で開催されるイベント

続いて、白良浜海水浴場で開催されるイベントを紹介していきます。

夏の白良浜3大花火大会

白良浜海水浴場で一番有名なイベントは、夏の花火大会です。

2023年は、「SHIRAHAMA2023花火ラリー」「南紀白浜温泉 2023年メッセージ花火」「南紀白浜花火フェスタ」の3つの花火大会が計14日間にわたって白浜の夜空を彩りました。

花火大会の詳細については、下記記事「【白良浜夏の3大花火大会】日程や駐車場の2023年最新情報!」で解説していますのであわせてご覧ください。

【白良浜夏の3大花火大会】日程や駐車場の2023年最新情報!

「白良浜の花火大会の日程や駐車場情報を知りたい!」 「花火を楽しめるホテルってある?」 そんなあなたに向けて、2023年の夏に白良浜で開催される花火大会の日程や駐車…

全長100mの巨大スライダー

夏には、高さ10m、全長100mの巨大スライダー「OCEAN SLIDER」が設置されるイベントも開催されます。

2023年は7月9日(日)に開催されましたが、2024年の開催予定は未定です。

熊野水軍埋蔵金探し

8月の終わりになると、砂浜に埋められた宝物を探す「熊野水軍埋蔵金探し」が開催されます。

10万円相当の金貨などの豪華賞品が用意される、大人気のイベントです。

2024の開催予定は、現時点では未定となっています。

白良浜シーサイドイルミネーション

冬場に白良浜海水浴場で開催されるイルミネーション
冬場に白良浜海水浴場で開催されるイルミネーション

冬場になると「白良浜シーサイドイルミネーション」が開催され、砂浜にLED電球で飾り付けが行われていました。

2023年は「白良浜ライトパレード」という形で、10月28日から2024年2月29日にかけてビーチが美しく彩られました。

イベントの詳細は、下記記事「【白浜イルミネーション2023】点灯時間や駐車場、ホテルを紹介!」をご覧ください。

【白浜イルミネーション2023】点灯時間や駐車場、ホテルを紹介!

「白浜で冬にイルミネーションイベントが開催されるって本当?」 「白良浜ライトパレードの開催期間や点灯時間が知りたい。」 そんなあなたに向けて、南紀白浜のイルミネ…


白良浜海水浴場ライブカメラとPR動画

白良浜海水浴場のビーチ状況を確認できるライブカメラ映像とPR動画を白浜町が公開しています。

映像を埋め込んでおきますので、お出かけ前などにご利用ください。

白良浜海水浴場のライブカメラ

白良浜海水浴場のPR動画


白良浜海水浴場にある2つの温泉

白良浜海水浴場には、「しらすな」と「つくもと足湯」という2つの温泉があります。

混浴露天温泉「しらすな」

露天風呂しらすなは、水着を着て入浴する混浴温泉です。

5月から9月末まで営業しており、2023年は入浴料が無料でした。

営業時間は10時から15時ですが、7月と8月は12時から17時30分となります。

雰囲気抜群「つくもと足湯」

つくもと足湯は、ビーチの南側にある足湯です。

硫黄の香りがただよう場所にあり、温泉地の気分を満喫しながら美しい海も楽しめます。

営業時間は8時から22時で、入浴料金は無料です。


白良浜海水浴場のおすすめホテル

ここでは、白良浜海水浴場周辺のおすすめホテルを紹介します。

紀州・白浜温泉むさし

紀州・白浜温泉むさしは、砂浜から徒歩5分の場所にある落ち着いた雰囲気のホテルです。

ビーチを一望できる露天風呂もあり、ゆっくりと南紀白浜を楽しみたい方にはおすすめのホテルと言えるでしょう。

>>【紀州・白浜温泉 むさし】の詳細はコチラ

紀州・白浜温泉むさしの詳細は、下記記事「【紀州・白浜温泉むさし】客室や料理、温泉や周辺観光をご紹介!」でお伝えしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【紀州・白浜温泉むさし】客室や料理、温泉や周辺観光をご紹介!

南紀白浜の温泉旅館「紀州・白浜温泉むさし」の客室や料理をご紹介!温泉や宿泊料金の価格帯、周辺観光スポットについても解説していますので、ぜひご覧ください!

ホテルシーモア

ホテルシーモア」は、白良浜から約1kmの場所にあるリゾートホテルです。

インフィニティプールや海中展望塔コーラルプリンセスなど、ホテルだけでも十分楽しめる施設が用意されています。

海水浴を楽しむときは無料送迎バスを利用できるので、非常に便利です。

>>【ホテルシーモア】の詳細はコチラ

ホテルシーモアの詳細は、下記記事「【ホテルシーモア】客室、料理、温泉や周辺観光をご紹介!」でもお伝えしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【ホテルシーモア】客室、料理、温泉や周辺観光をご紹介!

白浜温泉にあるリゾートホテル「ホテルシーモア」の客室や料理をご紹介!温泉や宿泊料金の価格帯、周辺観光スポットについても解説していますので、ぜひご覧ください!

白良荘グランドホテル

白良荘グランドホテルは、ビーチに隣接するホテルです。

砂浜まで徒歩30秒の好立地が特徴のリゾートホテルで、白良浜を眺める最高のロケーションが大人気です。

>>【白良荘グランドホテル】の詳細はコチラ

南紀白浜温泉のおすすめホテルは、下記記事「【白浜温泉】おすすめホテル3選や日帰り入浴プラン、外湯を紹介!」でもお伝えしています。

日帰りで温泉を楽しむプランについても解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

【白浜温泉】おすすめ旅館3選と人気の日帰り入浴プランを紹介!

南紀白浜温泉のおすすめ旅館・ホテルを3か所厳選してご紹介!人気日帰りプランの予約方法や外湯巡りについてもお伝えします。

白良浜海水浴場の周辺観光スポット

ここでは、白良浜海水浴場周辺のおすすめ観光スポットについてお伝えしていきます。

アドベンチャーワールド

多くの観光客でにぎわうアドベンチャーワールド
多くの観光客でにぎわうアドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドは、パンダやイルカショーが有名な南紀白浜のテーマパークです。

サファリワールドには数多くの動物たちが飼育されており、専用バスや自転車、徒歩で動物たちが暮らすようすを楽しめます。

アドベンチャーワールドの詳細は、下記記事「【アドベンチャーワールド】パンダの予約方法や家系図最新情報!」でお伝えしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【アドベンチャーワールド】パンダの予約方法や家系図最新情報!

アドベンチャーワールドのパンダの予約や抽選方法、現在の飼育頭数をご紹介!家系図や入場制限などの最新情報についても解説していますので、ぜひご覧ください!

グラスボート(白浜海底観光船)

グラスボート(白浜海底観光船)は、美しい南紀白浜の海の中を楽しめる観光船です。

テーブル珊瑚の群生や色とりどりの熱帯魚など、南紀白浜の海には見どころがいっぱいです。

グラスボートの詳細は、下記記事「【白浜グラスボート】料金割引や所要時間、駐車場や予約を紹介!」でお伝えしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【白浜グラスボート】料金割引や所要時間、駐車場や予約を紹介!

南紀白浜グラスボートの所要時間や乗船料金の割引クーポンをご紹介!予約方法や駐車場、円月島などの周辺観光スポットについてもお伝えしていますので、ぜひご覧ください!

白浜海中展望塔(コーラル・プリンセス)

白浜海中展望塔(コーラル・プリンセス)は、ホテルシーモアにある全天候型の海中展望塔です。

らせん階段を下りた先にある展望室からは、南紀白浜の海を泳ぐ魚たちに姿をを楽しめます。

白浜海中展望塔の詳細は、下記記事「【白浜海中展望塔】料金や所要時間、割引クーポンを徹底解説!」でお伝えしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【白浜海中展望塔】料金や所要時間、割引クーポンを徹底解説!

「白浜海中展望塔の料金や所要時間を知りたい!」 「お得に入場できる割引クーポンってある?」 そんなあなたに向けて、白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)の入場料金…

白良浜海水浴場の豆知識

ここでは、白良浜海水浴場の豆知識お伝えしていきます。

ワイキキビーチの友好姉妹浜

白良浜海水浴場は、2000年にハワイのホノルル市にあるワイキキビーチと友好姉妹浜となりました。

美しいビーチをもつ地域同士、ホノルル市との間で交流事業も例年行われています。

白い砂浜の保全努力

白良浜海水浴場の砂浜を守る砂飛散防止ネット
白良浜海水浴場の砂浜を守る砂飛散防止ネット

白良浜海水浴場の白い砂浜は、多くの方の努力で保全されています。

波風の浸食で痩せてしまった砂浜を回復させるため、1982年から冬季の砂飛散防止ネット設置やオーストラリアのパースから砂を運び込む養浜事業が続けられ、現在の美しい砂浜が保たれているのです。

白良浜の読み方は「しららはま」

白良浜の読み方は、「しららはま」です。

その白い砂浜が名前の由来となりました。

よく混同されますが、白浜は町の名前で白良浜がビーチの名前です。

砂浜内は全面禁煙

白良浜海水浴場は砂浜内全域が禁煙となっており、タバコの煙を気にせずゆっくりできる海水浴場です。

愛煙家の方はご注意ください。

日本の快水浴場百選にも選出

白良浜海水浴場は、「日本の快水浴場百選」にも選出されています。

日本の快水浴場百選は、環境省が「美しさ」や「安らげる」など5つの項目で評価を行い全国100か所の遊泳場を認定したものです。

白良浜海水浴場へのアクセスと駐車場

続いて、白良浜海水浴場へのアクセス方法と駐車場をお伝えしてきます。

電車でのアクセス方法

電車でアクセスするときの最寄り駅は、JR「白浜駅」です。

白浜駅からは、明光バス三段壁行きに乗って「白良浜」バス停まで約15分で到着します。

高速バスでのアクセス方法

白良浜海水浴場へはJR大阪駅発の高速バスを利用して向かう方法もあります。

高速バスは「白浜バスセンター」で下車し、そこから徒歩5分でビーチに到着します。

自家用車でのアクセス方法

自家用車でアクセスする場合は、阪和自動車道「南紀田辺IC」から一般道を走って向かいましょう。

高速道路を降りてから白良浜海水浴場までは、約25分です。

近隣の有料駐車場を利用

白良浜海水浴場の周辺には、いくつも有料駐車場が設置されています。

人気の駐車場はすぐに満車になってしまうので、事前に計画を立ててから向かうようにしましょう。

おすすめの駐車場は、下記記事「【白良浜おすすめ駐車場5選】料金や営業時間、予約方法を紹介!」で解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

【白良浜おすすめ駐車場5選】料金や営業時間、予約方法を紹介!

白良浜海水浴場周辺のおすすめ駐車場を5か所厳選してご紹介!駐車料金や予約方法、リアルタイムで混雑情報を確認できる案内システムについても解説していますので、ぜひご…

スポット情報

住所和歌山県西牟婁郡白浜町
海開き2024年5月3日(金祝)
海水浴期間2024年5月3日(金祝)~8月31日(土)
営業時間常時開放
入場料金無料
海の家なし
電話番号0739-43-6588
(白浜町観光課)
アクセス阪和自動車道「南紀田辺IC」
から車で約25分
駐車場あり(有料)
WEBサイト南紀白浜観光協会公式(白良浜)

【白良浜海水浴場】海開きや入場料金、駐車場や周辺観光を紹介!(まとめ)

今回は、白良浜海水浴場の魅力や2024年海開き日程、駐車場についてご紹介してきました。

白良浜海水浴場は、真っ白い砂浜が特徴の南紀白浜が誇るリゾートビーチです。

温泉旅館や周辺観光スポットと合わせて夏を満喫できる海水浴場ですので、ぜひ今年の夏に訪れてみてください。

下記記事「【白浜温泉】おすすめ旅館3選と人気の日帰り入浴プランを紹介!」では、南紀白浜温泉のおすすめ旅館をお伝えしています。

海水浴帰りに楽しめる日帰り入浴プランも解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

【白浜温泉】おすすめ旅館3選と人気の日帰り入浴プランを紹介!

南紀白浜温泉のおすすめ旅館・ホテルを3か所厳選してご紹介!人気日帰りプランの予約方法や外湯巡りについてもお伝えします。