【麺屋ひしお】湯浅醤油ラーメンやタレが主役のギョーザを紹介!

しょうゆ樽を使った外装
しょうゆ樽を使った外装

「麵屋ひしおの紀州吟醸醤油ラーメンってどんな味?」

「営業時間や定休日も知りたい!」

そんなあなたに向けて、湯浅醬油をこだわり抜いた和歌山のラーメン店「麺屋ひしお」の魅力をたっぷりとお伝えします。

名物紀州吟醸醤油ラーメンの特徴や絶品サイドメニュー、お店の営業時間や定休日について解説していますので、ぜひご覧ください。

※本ページにはプロモーションが含まれています。

醤油にこだわる老舗「麺屋ひしお」

お店の看板とのぼり旗
お店の看板とのぼり旗

まずは、麺屋ひしおがどのようなお店なのかを確認していきましょう。

明治14年創業のラーメン店

麺屋ひしおが和歌山市に開店したのはなんと明治14年!142年もの歴史のあるラーメン店です。

本店の内装に使われている素材には醤油を熟成させる為に使われていた「杉樽」が再利用されており、

壁やテーブルからも歴史を感じられるお店になっています。


店名にも現れる醤油へのこだわり

「ひしお」という店名は、漢字では「醤」と書きます。

店名に使うほど、醤油へのこだわりを大切にしているのが、麺屋ひしおというラーメン店なのです。


ひしお名物「紀州吟醸醤油ラーメン」

続いて、麺屋ひしおの名物「紀州吟醸醤油ラーメン」についてお伝えしていきます。

湯浅醬油を使った漆黒の絶品スープ

紀州吟醸醤油ラーメンは、「樽仕込み」という湯浅醬油を使った黒いスープが特徴のラーメンです。

スープはインパクトの強い見た目とは異なり、口当たりの良いまろやかな味わいに仕上がっています。

つい飲みきってしまうほどの優しい風味と深いコクを、ぜひ味わってみてください。

差別化を目指して湯浅醤油をブレンド

ラーメン激戦区である和歌山で戦うため、麺屋ひしおは醤油発祥の地「湯浅」に目をつけ差別化を図りました。

「樽仕込み」とよばれる湯浅醤油をベースにほかの醤油をブレンドし試行錯誤を続けて完成したのが現在のまろやかで美味しいラーメンなのです。


唯一無二の美味しさが人気を確立

和歌山ラーメンは、醤油ベースのあっさりした味わいの「車庫前系」と豚骨ベースのこってり風味の「井出系」の2つの系統に属しているのが一般的です。

麺屋ひしおのラーメンは、そのどちらとも一線を画した味わいとなっており和歌山で独自の方気を誇っています。

スープがよく絡む中太のちぢれ麵や、しっかりした食感で飽きずに食べきれるチャーシューも方気の秘密のひとつです。


鶏ガラ和風「湯浅白醤油ラーメン」

麺屋ひしおには、「白搾り」と呼ばれる醤油を使った「湯浅白醤油ラーメン」というもうひとつの名物ラーメンがあります。

和歌山ラーメンといえば豚骨醬油のイメージが強いかもしれませんが、湯浅白醤油ラーメンは少し方向性が異なる逸品です。

鶏ガラをベースに和風に仕上げたスープは、ほかの和歌山ラーメンでは味わえない感動を与えてくれるでしょう。

下記記事「井出商店のラーメンはまずい?ウワサの真相を和歌山県民が解説!」では、和歌山ラーメンの名店「井出商店」についてお伝えしています。

井出商店の中華そばは豚骨醤油系の和歌山ラーメンですので、ぜひあわせてご覧ください。

井出商店のラーメンはまずい?ウワサの真相を和歌山県民が解説!

「井出商店のラーメンはまずい?それとも美味しい名店?」 さまざまなウワサが飛び交う井出商店について、本当のところを和歌山県民である筆者が解説します。 結論から言…


麺屋ひしおの魅力的なサイドメニュー

麺屋ひしおには、ラーメン以外にも是非とも食べて頂きたいサイドメニューがあります。

ここでは、そんな絶品サイドメニューについてお伝えしていきます。

口福の一品「幸せを呼ぶ唐揚げ」

ひとつ目の絶品サイドメニューは、「幸せを呼ぶ唐揚げ」。

幸せを呼ぶ唐揚げは、鶏肉を各種調味料と塩麴で漬け込む事によって、お肉がとても柔らかく仕上げた唐揚げです。

しっかりとした下味が付いていますので、何もつけなくても口の中いっぱいに幸せが広がっていきます。

絶品醤油タレの「天使の羽根ギョーザ」

ふたつ目の絶品サイドメニューは、「天使の羽根ギョーザ」。

天使の羽根ギョーザは、名前の通り大きな羽根のついたギョーザですが、

タレに「萬醤(よろずびしお)」という湯浅醬油が使われているのが特徴です。

ギョーザの美味しさを引き立てるという概念を超えた、「タレが主役?」と感じさせるほど美味しいタレをぜひご賞味ください。


麺屋ひしおのラーメンお取り寄せ

麺屋ひしおのラーメンは、残念ながらお取り寄せできません。

湯浅醤油を使った和歌山ラーメンはインターネット通販でいくつか販売されていますので、興味がある方はぜひお試しください。


各店舗の営業時間、アクセス、駐車場

麺屋ひしおは、和歌山市内で「本店」と「和歌山駅前店」の2店舗を展開しています。

最後に各店舗の営業時間や定休日、アクセスや駐車場について確認しておきましょう。


本店

まずは、本店の情報を見ていきましょう。

営業時間と定休日

営業時間はランチタイムが11:00~14:15、ディナータイムが17:30~23:15となっています。

定休日は月曜日です。

電車でのアクセス

電車でアクセスするときの最寄り駅は、南海「和歌山市駅」です。

和歌山市駅からは、徒歩約10分で到着します。

自家用車でのアクセス

自家用車でアクセスするときの最寄りインターチェンジは、阪和自動車道「和歌山IC」です。

インターチェンジからは、約20分で到着します。

城北パーキングと提携

無料駐車場がありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

「城北パーキング」をご利用すれば、お食事1,000円以上で1時間無料券が発行されます。

本店の詳細

住所和歌山県和歌山市卜半町45
定休日月曜日、1/1、12/31
営業時間(ランチ)
11:00~14:30
(ディナー)
17:30~24:30
電話番号073-423-6330
アクセス(電車)
南海電鉄「和歌山市駅」から徒歩約10分
(自家用車)
阪和自動車道「和歌山IC」から約20分
駐車場あり(提携パーキング)
WEBサイト麺屋ひしお本店(食べログ)

和歌山駅前店

続いて、和歌山駅前店の情報をお伝えします。

定休日と営業時間

営業時間はランチタイムが11:00~14:00、ディナータイムが18:00~22:30です。

定休日は設定されておらず、不定休となっています。

電車でのアクセス

和歌山駅前店まで、電車でアクセスするときの最寄り駅は、JR「和歌山駅」です。

和歌山駅からは、徒歩約3分で到着します。

自家用車でのアクセス

和歌山駅前店に自家用車でアクセスするときの最寄りインターチェンジは、阪和自動車道「和歌山IC」です。

インターチェンジからは、約10分で到着します。

駐車場は近隣のコインパーキングを利用

店舗の無料駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

和歌山駅前店の詳細

住所和歌山県和歌山市美園町5-7-12
定休日不定休
営業時間(ランチ)
11:00~14:00
(ディナー)
18:00~23:00
※日曜日は22:00まで
電話番号073-499-8099
アクセス(電車)
JR「和歌山駅」から徒歩約3分
(自家用車)
阪和自動車道「和歌山IC」から約10分
駐車場なし
WEBサイト麺屋ひしお和歌山駅前店(食べログ)

【麺屋ひしお】湯浅醤油ラーメンやタレが主役のギョーザを紹介!(まとめ)

今回は、麺屋ひしおの名物「紀州吟醸醤油ラーメン」や絶品サイドメニューについてお伝えしてきました。

麺屋ひしおのラーメンは、今までに無かった新しい和歌山ラーメンです。

口当たりの良いまろやかなスープはまさに極上の一品ですので、ぜひ訪れて食べてみてください。

下記記事「【丸田屋の和歌山ラーメン】メニューやお取り寄せ通販をご紹介!」では、岩出市に本店がある「丸田屋」についてお伝えしています。

丸田屋は女性でも入りやすい井出系の和歌山ラーメン店ですので、ぜひあわせてご覧ください。

【中華そば 丸田屋】人気和歌山ラーメンの営業時間やアクセスをご紹介!

丸田屋の営業時間やアクセス、駐車場をご紹介!通販でお取り寄せできる人気商品や和歌山ラーメン自販機についてもお伝えします!